« 待ちきれない!信越五岳トレイルランニングレース | トップページ | コップ半分の水とモンブラン »

2014年9月16日 (火)

信越五岳トレイルランニングレース2014

信越五岳トレイルランニングレース2014 

昨年2013年のレースで初出場でしたが台風接近のためにコース後半92.3Kの8A16時間5分で足切りになりました。ここら辺まできたトレイルランナーは特別完走という救済処置がありましたが、初めて収容バスにのってドナドナは悲しいモノがありました。周りのみんなはポイントのこと(海外や長距離のレースの参加するために必要な獲得標高等を換算したポイント)を気にしていましたが、そういう事ではなくて、5Aでペーサーのコバと合流して一緒に走ってから調子をあげていただけに悔しくて悔しくて。。。

とうことで、翌日から
スマホの待ち受けにその時のスタートのゲートの写真にして、その苦い感じを思い出す仕様にしました。

で、またちょいちょいトレーニングしはじめ、今年は5月のSTY88K
7月のおんたけ100Kと出場してきました。どちらも完走したというレベルですが、着々と少しずつですが(自分比)強くなってきたような気がしていました。

ということで、今年は92K瑪瑙山手前で置いてきた悔しい気持ちを回収してフィニッシュゲートを一緒にくぐるぞというテーマがあったのです!!

当日は天候も曇りで涼しく、涼しい風も弱くふき、湿度も少ない絶好の状態も味方し、5寺30分スタートから前半は1A、2A,3Aともう着いてしまったという感じでした。もちろん、下りはなるべく脚を温存して使わず、いきり立ってる人にはどんどん先に行ってもらいました。エイドもあまり休まず、水を足すくらい。レースのボトルは悩みに悩んで、結局500mlくらいのボトル2本をベストにさしましたが、やっぱり1本しか使わずでした。

4Aから5Aが長かった。。。だらだらとした登りの林道と関川のこれまただらだらとした登り。水力発電脇の急登と牧場。。関川は今回じりじりと走りましたが、つらかった。。。

で5A72Kはペーサーと合流ですが、今年も事前に僕が近づいている連絡がエイドに流れておらず、着いたらペーサーのもりおくんはビックリ!今回一緒に来た仲間のソロで走っている村っちゃんと一緒に居たから見つけられたモノの!!危ないなー!これからナイトセクションなので準備をしました。ベストをウェストポーチに変えたり、ヘッドランプをつけたり、みどりさんにもケアしていただきました。ありがとうございました。
この時点で昨年のタイムを1時間30分上回っていました。

でテンションあげて今度は2人旅。先頭をいくペーサーの指示通りにただ淡々と走ります。
ペーサーのもりおくんは、ルートファインディング、段差や障害を教えてくれる。水、食料の補給のタイミングの指示、エイドでは手前から先に走って僕のボトルに水を入れておいて、その間にコーラや給食をすぐすませ、すぐアウトする。僕はもう時計もみません。もりおくんは昨年以来ずっと一緒に練習してたので安心してすべてを預けていました。厳しい所も声をかけてもらって気持ちをプッシュしてくれました。面白かったのは瑪瑙山の直登で、もりおくんを先頭に隊列がくまれ、みんなもりおくんの指示通りに!!隊長もりおくんが大声で頑張っていくぞーというと全員「おーー」と言う感じで。一体感!!100K前後の厳しい登り、辛いのはみんな同じです。

ラスボスの瑪瑙山のピークを超えて、そのあとの登り返しも超えたあたりでは木戸さんが1人で大声でランナーに声援を送っていました。僕も本当に勇気を貰いました。ありがとう!

で、僕の性格を把握している名ペーサーは残りの距離/時間を少し長めに僕に伝えていました。気持ちが折れないように(よく解ってらっしゃる)。最後の林道は気持ちで走りました。フラットだぞここはって言ってたけど結構登ってるし。。。気のせいか(いや登ってるな)。。。辛かった。いや楽しかった!!!

そのかいあって突如フィニッシュの会場の光とアナウンスが聴こえてきました。ゲレンデ眼下にライトに照らされたフィニッシュゲートが小さく見えます。やった。。。。と感慨に浸ろうとした瞬間、「今ダッシュすれば18時間切れるぞ!いけーーーーーーーーーーーーーーーーー!」と大声で叫ばれ「わーーーー」と転がるようにフィニッシュゲートの待つゲレンデの坂を最後の最後の力のダッシュで駆け下りました。

1年越しのゲートをくぐりフィニッシュのテープを胸で抱きかかえるように切りました。
17時間57分54秒(公式ではないですが)18時間きれた!!

つづいてもりおくんもはいってきて僕らの勝利と歓喜のハグをしました。
ありがとう本当に!!

濃密な18時間、110Kでした。本当に楽しかった!!

信越五岳は素晴らしいコースレイアウトとギスギスしていない独特なお祭りのような雰囲気で本当に最高でした。あんなにキツかったけど一晩たって
4−5Aの課題のありもっと強くなりたいとかまた思い始めていたりしています!!


|

« 待ちきれない!信越五岳トレイルランニングレース | トップページ | コップ半分の水とモンブラン »

40からのランニング日誌(トレイルも!)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223617/60322136

この記事へのトラックバック一覧です: 信越五岳トレイルランニングレース2014:

« 待ちきれない!信越五岳トレイルランニングレース | トップページ | コップ半分の水とモンブラン »