« 今期もインセクトをご贔屓にありがとうございました!で来期に向けての話 | トップページ

2016年4月 8日 (金)

FLOW-CASTローンチしたので思うところ

ハリウッドから地上波TVと累々と流れている、オーディオビジュアル文化としての撮影、編集、制作の「お約束」がデジタルサイネージ業界において呪文のように作る側も、見る我々側ももっていると思っています。

スマホなどのアプリケーションサービスでの画像、映像の新しいフォーマット、新しいルール、楽しみが成立する文脈が見えてもまだまだサイネージではなじまなかった。でも、いよいよなんです。

デジタルサイネージにおいては、webベース(常時通信することで)で何が変わるかというといわゆるTV、映画、CFのような動画ファイルを完パケて作らねばならない(それしかないという)呪いを解いて「作る側、表現する側(お店側)に投稿しやすい状況」をじゃんじゃん機能(アプリケーション)を解放してコミュニケーションの総量とスピードをあげることができるようになります。

現状だと大変なんです。ただでさえ皆さん予算あまりないのに、見る人からは、メーカーのCF並みのクオリティを求められる。高い機材せっかく買っても、継続コストはあまりなく予算なりのテンプレがこれまた予算なりのラインアップで悩ましく制作を頼めばそこそこかかる(そりゃそうです制作工数は多いものです。僕らもやってるから解る)、、、、更新も少なくなり、、やめっか。。みたいな。

ではなくて、お金だけでなく、価値を伝えようとするアクションの多い人こそが、そのトラフィックにおいて信頼を得る、価値を理解できるファンが増える。そんな構造がとれないかと思ってサービスを作っています。

などと考えてまして、やっとローンチできたFLOW-CASTですが
諸々店舗の皆さんが簡単に運営しやすいように開発し体制も組みました。
ハード(ディスプレイ)とセットもできますし、今あるサイネージディスプレイを活かしてソフトウェアのみでもご相談可能です。
きっとあなたのお店に役に立つはず!(と思う)
今回趣旨をいち早くご理解いただいたネイルクイックさんが導入決定いただきました。ありがとうございます。
今後も新しいお知らせありますので是非よろしくお願いします!

弊社の社是は「豊かなコミュニケーションの成立」です。がんばります。

|

« 今期もインセクトをご贔屓にありがとうございました!で来期に向けての話 | トップページ

デジタルサイネージの世界1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223617/63456439

この記事へのトラックバック一覧です: FLOW-CASTローンチしたので思うところ:

« 今期もインセクトをご贔屓にありがとうございました!で来期に向けての話 | トップページ